2008年05月28日

人によいカビ、悪いカビ

 人によいカビはコウジカビのように麹として味噌や醤油、日本酒を作るために用いられてきたものがあります。日本人は、昔からカビの持つ酵素作用や科学的には得られない物質を生合成する能力をうまく利用して、恩恵を受けてきました。
 対して、人に害をもたらしているカビは以下の5種類があります。

@真菌感染症
Aアレルギー
B真菌中毒症
C食中毒
D工業生産物の劣化

@真菌感染症
 真菌感染症は、いろいろな種類のカビが、皮膚や体の中で繁殖するなどして、死にいたることさえあります。有名な病気に水虫があります。水虫は体の表面で繁殖し、悪さをしていますから、表在性真菌症といい、ほかにもカンジダなどの菌が、体の表面のいたるところに食らいつきます。
 体の中で悪さをするカビは、深在性真菌症とされ、脳、肺や体のどこでもカビは繁殖してしまいます。でも、健常者には、抵抗力があり、重度な真菌症にはなりにくいのです。しかし、過度のストレスや過労の方、病気で免疫抑制剤ステロイドなどを投与されている方など、体の弱っている方にはカビは容赦なく襲ってきます。これを「日和見感染」といいます。

Aアレルギー症
 アレルギー症(過敏症)とは、いろいろな物質によって気管支で、過剰な抗体反応が起こってしまい、アレルギーの諸症状になることです。一番多い原因物質はハウスダストで、主にダニの糞や死骸で、カビもその原因の一部です。

B真菌中毒症
 真菌中毒症は、カビの代謝物、毒素による症病のことをいい、この毒素(マイコトキシン)の中には高い発がん性のものもあり、厚生労働省によるガンにならないための十二か条の中に、カビの生えたものは、食べてはいけないと明記されています。この毒素は眼に見えにくく、熱に強い、厄介なものです。

C食中毒
 食中毒は、わずかに麦角菌によるものと、毒キノコによる食中毒のことを指します。

D工業生産物の劣化
 工業生産物の劣化については、あらゆる生産物がカビによる劣化にさらされています。飛行機の燃料タンクや信号機、ボールペンのインク、塗料や、もっと身近な物では、服や靴、カーテン、カーペットなどです。おもしろう物では、実際に市販されている消毒用液体石鹸にまで、カビが生えてしまい、メーカーは製品を大量に回収しなければならなくなったことがありました。

モイスファイン 除湿マット シングル
モイスファイン 除湿マット シングル
posted by クッキングパパ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カビの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98325968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。