2008年06月04日

浴室のカビ退治法・予防法

●浴室のカビの取り方
 必要なものはマスク・ゴム手袋、浴室用漂白剤または中性洗剤か石鹸、消毒用アルコール、歯ブラシ、たわし、硬いスポンジ、布。全ての作業中は、マスクとゴムの手袋の着用をおすすめします。
 先ず、漂白剤やアルコールを使用しますので、匂いがこもらないように窓を開けて、換気扇も回します。そして、カビが発生している個所に浴室用漂白剤を商品説明書のとおり塗布します。次に、ビニールで覆って放置しておき、漂白がすんだら、シャワーで水洗いします。ここでは漂白剤を残さないことが重要です。
 漂白剤は、酸化力が強い次亜塩素酸ナトリウムというものが主成分で、台所用漂白剤と主成分は同じです。それは強烈な臭気で、もちろん健康によくありません。化学物質過敏症の方は中性洗剤や石鹸を水で薄めてブラシで擦りとってください。カビの色素は残りますが、カビの胞子や菌糸はバラバラになり、水に流されます。
 漂白剤や洗剤などの水洗いがすんだら、次の消毒用アルコールが浸透していくように十分乾燥させます。乾燥が足りずに水分を残していると、アルコールの浸透力は低下してしまいます。
 そして、消毒用エタノール(薬局で販売している65%以上のアルコール)を十分に塗布します。その際には、歯ブラシやたわし、硬いスポンジなどで、強く擦りながら塗布すると、カビはより確実に殺すことができます。

●予防法
 カビとりを終えても、表面のカビを殺したまでにすぎません。菌糸は素材の中に食い込んでまだ生きていますので、カビに汚染されないための予防をしておかなければいけません。先ず、浴室使用後は、毎日シャワーで壁の汚れを流します。浴槽のお湯は毎日、排水し、換気を十分にして、浴室の湿気をためないようにします。そして、週1回は壁だけでも洗剤を使って擦り拭きをしてから、乾燥させて、アルコールを塗布しておきましょう。

メジレンジャー3個セット
メジレンジャー3個セット
posted by クッキングパパ at 18:38| Comment(11) | TrackBack(0) | カビの予防法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カビのチェックポイント

 カビ汚染を知るために、住宅の各部屋ごとのチェックポイントをまとめました。

@居室
a天井
 ・外周壁から1メートルの範囲内
b
 ・北側に面した隅の部位
 ・窓の周囲とサッシビート
 ・家具に面している個所
 ・ビニールクロスが少しでも変色をしている個所
 ・カーテン

 ・外壁に面した部位
 ・通常歩行していない個所
 ・床材の裏(カーペットや畳は一部をはがして目線で確認する)
dエアコン
 ・フィルター
 ・吹き出し口
 ・熱交換器
e家具の裏面
fぬいぐるみなどのホコリがたまりやすい物

A浴室
a天井全面
b壁
 ・隅の部分
 ・タイル目地
 ・窓のまわり
 ・鏡の裏
 ・その他に取り付けている器具の裏
c床
 ・石鹸
 ・シャンプー置き場の下とその床面
dイスやおけ全体
e浴槽のフタ
 ・凹凸部分

B脱衣場
a水とりマット
b洗濯機の裏および槽の裏側

C台所
a換気扇周り
b流し台の下
c地下食品保存庫

D玄関
a下駄箱
bドアと周辺部


防カビ バイオ君 トイレ節水用2個組
防カビ バイオ君 トイレ節水用2個組
posted by クッキングパパ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | カビの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。